デザートカフェ長楽館

「長楽館」(京都市指定有形文化財)は、煙草王と呼ばれた明治時代の実業家 村井吉兵衛の別邸として1909年に建てられた京都のモダン建築です。迎賓館として使用されていた往時の洋館の造りをそのままに、現在はカフェ・レストラン・スイーツブティック・バー、そして隣接する新館に全6室の客室を設けたラグジュアリーホテルとして営業しています。

デザートカフェ長楽館の「桃のエクレア」

毎年、長楽館で夏に開催されるシャンパーニュフェアにあわせて、「シャンパーニュにあうエクレア」を開発。本年はシャンパーニュのみでなく、シャンパーニュと同じ瓶内二次発酵製法で作られた日本のワイン「京都丹波 トラディショナル2014」を取り上げ、その華やかなアロマと酵母由来のトースト香にエクレア生地やナッツの香ばしさを合わせてペアリングしました。
ミントの香りを纏った白桃のゼリーとその周りには焦げ目を付けた赤すぐりのイタリアンメレンゲを絞って。香ばしく焼き上げた生地の中にはバニラクリームとともに赤すぐりとラズベリーのジャム、ローストしたナッツのペーストを入れることで、ナッツのコクと香ばしさをアクセントに。
ペアリングセット¥2,750~
※イートインはドリンクセットのみの販売
※テイクアウト¥600(税込)もご用意

  • プティガトー
  • 2750円 (税込)
中山 弦

シェフ

毎年夏に開催する長楽館シャンパーニュフェアでは、ドン・ペリニヨン、ヴーヴ・クリコをはじめとしたシャンパーニュをグラスで提供しています。 長楽館では京都産や国内産の食材にこだわりをもって提供している中で、伝統的なシャンパーニュと同じ製法で作られた、地元京都丹波産のスパークリングワインに着目しました。 日本で作られる『シャンパーニュ』も是非お楽しみいただきたく、桃の香りやナッツ・生地の香ばしさを活かしたエクレアを作りました。 テイクアウトもご用意していますが、是非館内でペアリングをお楽しみください。

チーフパティシエ 中山 弦

店舗情報

店名
デザートカフェ長楽館 (デザートカフェチョウラクカン)
住所
京都府京都市東山区円山町604
最寄駅

京阪電車 祇園四条駅

営業時間
11:00~18:00
定休日
その他

月に1回(不定休)

テイクアウト
イートイン
可 (85席)
電話番号
075-561-0001
割引クーポン
ご利用いただけません。
ウェブ & SNS